下痢で便所にこれから10回以来行ってます。

下痢で液状の大便で更に10回上記便所へ行ってます。今日は休日だから良かったけど、汚い話ですがパンツも2回交換しました。失礼しました。というのも午前中に購入へ赴き、こんなものを見つけたのです。飴なんですが、サクマの喜び痩身キャンデー。サッカライドゼロ、100ダブルふくらむ、コンニャクマンナン合併と。こちら見たら誰だって、おおっと思いますよね。空腹空気をなくしていただける同様じゃないですか。それで即買いだ。これがまた美味しいのです。飴の中にソーダが入っていて、2種類ですね。アサイーソーダテーストとパインソーダテーストですね。それで美味しくてどんどん噛んで食べて全部食べてしまいました。午前中に。それからだ。急にお腹がぐうぐう鳴り、下ってしまったのです。特別アイスクリームを沢山食べたとかではないのにと思い、おいおいと願い、飴のパッケージの裏を見ましたら、断然だ。砂糖が入っていなく、代わりにスクラロースというスイーツ費用が入っていたのです。概要書きにも、一度に大量に食べるとお腹が弛くなるとありました。なるほど。いまだにぐうぐう言ってます。スイーツ費用はこうなるのを知っていましたが、おいおいこちらに入っているとはだ。借金 したい

中学生3年生ダディの憂慮が、大層青春なんだけど、くだならい。

我々の経営する予備校に通ってくれている生徒たちのお伝えだ。
昨日の分野に来たD中学の3年生男子、IくんとNくんとSくん。Sくんが訓練に入ってきた時、あまりに元気が無かったんです。客席にたどり着くなり「はあぁ〜〜。」っと、奥深い嘆声をつきました。
我々が「S、どうした!?」と尋ねると
S「知り合いが夫妻だらけになってきてて・・・。全部リア充ばっかりで。はあぁ〜。」
I・N「ですはははははは!!!」
我々「くだらねぇ!!」
S「笑いごとじゃないんですよ。何もやる気が起きない。」
I「でも、お前モテるよね。」
N「そう!これ、実はモテるんですよ。」
我々「へぇ!モテるんなら良いじゃん。元気出せよ。」
S「モテてるわけじゃないんです。彼ができない感じのモテ輩みたいな。彼ほしい・・・。」
I「いや、お前がコクったら、しばらくイケると想うよ!」
我々「ほぉ、必ずしも。で、彼できたとして、どうなるの!?」
S「毎日が明るいハズ!寝起きから『自身には彼がある!』ってすっきり起きると思うんです。」
N「ぶはははは!」
S「彼とおんなじ高校生に行くために育成関わる!みたいな。」
我々「くだらねぇ!。でもSの気持ちはわかった。というわけで、〇〇高校生に出向けるくらいの偏差数字の妻に、あす中に告白して来い。」
S「何が『というわけで』ですか!?馬鹿言いますね・・・。」
I・F「ですはははははは!」
S「育成って熱中で頑張れるけど、恋愛って熱中じゃ乗りこえられませんよね。」
N「何か喋りだしたよ。」
我々「恋愛で悩んだことが無い!」
Sは意識をかかえて「うわぁ!言ってみてぇ!!」
I・N「あはははは!腹筋が痛ぇ!!」
我々「ちなみに育成でも悩んだことは無い。」
S・I・N「あぁぁ!!イロハ性能が違う!異なり過ぎるぅ〜!!」
非常に仲の良い3人組だ。ミュゼ うなじ脱毛

兄弟時間差でインフルエンザにかかりました。

2週間ほど前、小学2年生の兄のクラスが学級閉鎖になり、下校後我が子も発熱してしまいました。
翌日病院へ行き、検査をしてもらうと、くっきりはっきりインフルエンザの陽性反応が出てしまいました。
それからの1週間、家族に移らないように、と手洗いうがいの徹底とマスクの着用、咳をするときはタオルを口に当てて、など、私たちなりに様々な対策をとって戦いました。
その甲斐あってか、幸い誰にも移らず、長男は無事回復しました。
その間、一緒にいる時間の長かった弟にも移らなかったことは奇跡的で、こんなこともあるんだなあ、予防接種がきいたのかなあ、と喜んでいました。

それから2週間たって、今現在、弟くんインフルエンザ中です。
どうやら兄の時は乗り切ったものの、幼稚園での大流行には勝てなかったようです。
幸い症状は軽く済んでいるのですが、また1週間、家族感染防止対策を頑張らなければなりません。
兄はきっと大丈夫でしょうが、今度は私たち大人が危険!
こんなことなら、兄弟同じときでも良かったのに、なんて考えてしまう私です。

・・・とこんなこと言ってても仕方ありません。
病は気から!
無事回復するまで、絶対うつらない強い気持ちを持って頑張ります!キレイモ 回数制プラン

兄妹のハウツー (殊に激しいのを抑える技法は?)

うちには娘(6年と3年)が2自分いるが、いかんせんハウツーが激しい。

レクレーションごっごと称し、連日バンバン殴り合っている。
自分もそれほどだったが、こういうカテゴリーはいよいよ戦隊という種類が大好き。そのアピールかな。

日曜朝方のジュウオウジャーって仮面ライダーゴーストのTVは欠かさず観てある。
ウィークデイの朝方はたたき起こしてもどうしても起きてくれないのに、この日だけは時計の
セットもしなくても、絶対に起きてくる。

レクレーションごっごは激しくなってくるとトラブルに発展するのも度々。
父兄としては途中でようやく遠退けさせたいのだが、単純に「閉めなさい!」というだけでは、
ひとたびは止めるのだがしばらくするとレクレーションが続開やる。

兄妹の娯楽はそんなものなのか?

いかんせん身は兄妹といっても身と次女、女は3兄妹の正中という家庭で育った結果、
純粋な兄妹という実情での経験がない。
身は次女を巻き込んでのレクレーションごっこはしなかったなぁ。

いったい、「終わりなさい」を言い積み重ねるの良いのか、それとも何か別の娯楽に選択を提言したほうが良いのか、
誰かインテリジェンスがあれば貸してほしいという連日であった。http://www.vladimirlinencommunist.com/

お墓参りではなくお墓メンテに行ってきました。

この時期だからお墓まいりとは行かず、お墓メンテに行ってきました。どういうことかというと、墓石には誰の遺骨も入っていなく、ただ墓石を洗いに行っているのです。というのは婦人は現下70年代になろうと始める年代ですが、もう15時期前に自分の混ざるお墓を買ってしまったからだ。とことん輩の婦人で、現下、頑張れるうちに何でも準備しておくという見解で買ったのです。自身はそのとき、未だに早すぎると言ったのですが、そんなこと聞きいれもせずに。今となってはわずか早すぎたんじゃないのと思っていますし、恐らく自己もそれほど思っているのではないでしょうか。口では言ってませんが。あまりセルフを年取らせなくてもいいのにと思います。こういった見解をすればつぎつぎ老け込んで仕舞うし。大勢、4カ月おきに墓メンテに自身は行くのですが、とうにこれがかなりの困難ですね。墓地でもマキシマム端っこにあるので、バケツに水を汲んで二つ持ち歩くのも面倒です。何回か往復も決めるし。お墓の真上には大木があり、その枯れ葉も酷いボリュームだ。はなはだ気がかりで大変です。これをいよいよ絶えず今後もやっていかなければいけないのです。自身が死ぬまで何十時期も。

Amazonで買いたい激安な折りたたみ自転車

私はアマゾンで見つけたコスパの高い折りたたみ自転車を購入予定でしたが、予算もばっちりで後はポチるだけになった段階で、一時的な在庫切れというものに巻き込まれてしまい、なんと1か月近くも待たされた状態です。
夏休みまでには購入して、海山を乗り回したかったのですが、このままでは計画がだいぶ狂いそうです。
Amazon以外のショップでも取り扱われてはいますが同じ製品とは思えない程アマゾンのが飛び抜けて激安なのでそれを狙っているのですが、
このまま販売終了になってしまうのではないかと毎日ヒヤヒヤしながら眺めているばかりです。
私は色違いで三種類ある中の黒が欲しいのですがそれは無くて白だけ在庫があるのです。
このまま販売終了になることもありえるので、白でも在庫のあるうちに買っておいた方が良いのではないかという気が最近して来ました。
ネックになっている目立ち過ぎる色ですが、油性ペイント一本あれば黒に塗り替えられますし、そうすればさび止め効果も高まりそうだし、
その方が車体も長持ちするのではと考えたりすると、今すぐにでもポチってしまいたくなってしまうのでした。キレイモ 学割

久しぶりに夫人を誘って小物屋君周りをしてきました。

今日は久しぶりに母親と一緒に出かけました。
僕がいるところから20取り分ほどの場所に、何軒も売り物屋君があります。

売り物が好きな母親と僕で売り物屋君周りをしてきました。

しかし、これは珍しいことです。
僕から母親を誘ってどこかに立ち寄ることは滅多にありません。だって、気まずいのです。

ですが、今日はたまたま母親と行ってみたくなり、僕から誘ってみました。

僕がマイホームまで車を運転し、母親を迎えに行きます。
たえず供与がのろい母親ですが、今日はちゃんと調整が済んでいました。

母親がアシスタント催しに座り、僕が運転します。
その光景が何だか不思議に思えました。
小さな頃は異存たったけど、今は僕が運転してるのか…と、妙に心からして近頃いました。

話しながらの20取り分はさんざっぱら少なく、間もなく売り物屋君に到着しました。

こういう売り物屋君は新しくオープンしたおランチタイムのみたいでした。
フレグランスのアロマと、ボサノバのBGMが心地良かっただ。

しかし、母親の好みのものはなかったようで、次のおランチタイムへ車を走らせました。

二軒目線のおランチタイムは、喫茶店が併設されていて、食事が食べられます。
お腹が空いてきた母親と僕は、売り物を見る前に食事を取ることにしました。

料理を開くと、10タイプ以上の野菜が入ったカレーの絵図が激しく描かれていました。

「いざ、それに決める」

母親と僕は、ほぼ同じタイミングでカレーに決定しました。

注文してしばらくすると、お皿も盛り付けもおしゃれなカレーが運ばれてきました。

食欲をそそるスパイシーな臭気、コクのいるルーと五穀アメリカが、とても合いおいしかっただ。
今度もここで食べようと、母親と公約しました。

お腹いっぱいになった母親と僕は、それから二軒、10取り分ほど移動してもっといよいよゼロ軒行きました。

今日は、何も買わなかったけど、至って楽しい一日でした。
また、母親を誘って行きたいと思いました。お金が急に必要

ディスカウントの個性を提供するほど死にたさが募る

完全自殺戦略という誌がある。見出しとは裏腹に、こういう誌はあからさまに自殺を奨励している訳ではない。
却って、自殺をとどめるような役割を果たしていらっしゃる面もある。
まさに戦略に取り読んだ人の間では賛否両論が巻き起こっているようではあるが、現実的に考えて「生きていかなければいけない」という威嚇見切りを植え付けられるのはそれはそれで酷な全て論です。
会員の中には「いつでも安心して死ねる」というセーフティウェブの役割を果たしていらっしゃるという意見もある。
93カテゴリーに発売された同著は、何かこう、利も言われぬ「威嚇見切りからの放免」的目的をリーダーに突き付けているようにも想う。
宿命のある一定の状況を境に、個々は他人に対して「無理して生きろ」とまでは言わなくなる。
それこそが不変のレスであって、わざわざ「こうした死に方もあるが、こなせる製品ならやってみては?」という過激な提言を推奨するはある種、斬新なダメージ療法とも掴まえることができるのかもしれない。ウエストまわり 細く

2人目の出産直前に食べたおにぎりのおかげで、早く回復できました

1人目を妊娠して予定日を過ぎても陣痛がなかったため計画分娩になり、妊婦と病院の都合のいい日に入院して促進剤等で陣痛を促して、翌日の夜に出産しました。このとき初めての出産で何が何だかわからずに入院してすぐに促進剤を点滴したので、緊張と痛みで食事や睡眠ができず出産後は体がボロボロでした。
この失敗を踏まえて自分でいろいろ調べたり夫に相談して、2人目を出産するときは事前にドリンクや飴等を持って陣痛室に向かいました。
夜中に陣痛がきて病院へ行き、入院になったのですが、段々陣痛の痛みがやってきて、一晩中痛みにうなされていました。
なんとか陣痛を逃がしたくて動いたり歩いたりしていたら、看護師さんにお腹につけた機械からデータが読めなくなるからベッドに寝ているよう注意されました。夫は出産に立ち会う予定ですが、2歳の息子を分娩台に連れていけないので夫の両親宅に預けに行っていていないため、陣痛で痛む腰をさすってはくれません。
持ってきた飴を舐めて少しでも痛みが和らいだりしないかな、と思いましたが飴くらいでは和らぎませんでした。

そんなこんなで1人痛みにのたうち回っていたらいつの間にか朝になり、看護師さんに朝ご飯を用意していいか聞かれたので、食べる気になれないけど念の為用意してほしいとお願いしました。
1人目出産のとき、痛みと緊張で何も食べることができなかったので、今回は少しでも食べておこうと思い、陣痛がピークになったときに動き始め、用意してもらったおにぎりを取り、この頃には陣痛の痛みが消えていくので、その瞬間に少し食べて器に戻す、この動作を繰り返して看護師さんに呼ばれたので分娩台に行きました。

夫が病院に来てくれて無事に元気な赤ちゃんが産まれました。
分娩台で2時間くらい安静にしてから陣痛室に帰り、その後1時間くらいで夫が帰宅するというので、ナースステーションの近くにある出入り口まで見送りに歩いていったら、看護師さんたちが驚いた様子でこちらを見るので、何があったのか聞いてみたら産後すぐに歩くことはできないのに、なぜ歩けるの?と聞かれました。
通常は痛みや疲れで動けないらしいのですが、私はいつものように歩いていたのが不思議なようでした。
多分出産直前に食べたおにぎりのおかげだと思うことを話したら、当日食事を用意してくれた看護師さんが、出産前なのによく食事できたね、と感心していました。

このことがあってから1,2日は看護師さんたちの間で出産前におにぎりを食べた妊婦として、少し噂になったようでした。一番簡単なキャッシング

30歳からの昆虫撮影。クワガタとカブトを追い求めてます。

自分は、30年の一時から昆虫ピックアップにはまっています。小学校のときは、夏休みのラジオ体操後に近所の森に行ってカブトムシやクワガタムシを探していましたが、その後は大の昆虫嫌いになってしまっていました。
しかし、30年になったある日、乳児と一緒に昆虫ピックアップに行ったことがきっかけで、童心に返って(?)、好みになりました。
昨年は、オオクワガタを見つけ出しに、都内から長距離山梨県内まで行きました。5年間で依然1匹も採ったことがなかったのですが、その日、いよいよ考えることができ、帰りに幼児と2日光だけで祝福の焼肉を食べたことが思い出されます。
最近は、希少な関連もところで簡単に買うこともできますが、やはり昆虫ピックアップの面白味は、森の中に分け入って、自分の力で採集することだと思います。
昆虫ピックアップのピークは夏季がメインで、終日、森や林の内側を駆け回りますので、こういう5階層で相当スタミナがつきました。運動欠如になりがちだった私も、さっぱりボディーマンネリに。今夏も乳児と一緒にたくさんのカブトやクワガタを採るべく、にっこりしながら今から取り付けをやるところです。話題の熊には注意したいだところです。http://www.alumni-uum.org/