押し込められた空白の中ですでに目の前に仇がいる

「ルートを直進して左が人事部になりまして、向かい側のミーティング室の方に担当のものがおりますので——」
「よし。ありがとう!」
自分は所見が上ずっていた。
「そうしたら、客人、おニックネームは……」
自分は震え上がって束の間心配しかけた。今一度、呼吸を整えてから丁寧に自己紹介講じる。
「菜々瀬涼子と申します」
「素敵なニックネームですね。名前負けしないように頑張って下さい」
「……」
エレベーターの玄関が閉まった。
確実に足下を見られていた。しかしながら心のがたいはさておいて、表情だけなら確実にあの女に負けない自信がある。
自分は周囲に人が居ないのを確信するって鼻息を荒げた。
競合は既にすでに始まっていたらしい。
もし取り入れできたとしても、あの女は今し方の思い出を自社で言いふらすだろう。
お番組氏がお送り発祥の戯言内容はそれほどまでにとてつもない早さで人伝に拡散して出向くものだ。
ただし、ここからは心から無駄口を口走るわけにはいかない。
そういった意気込みを頑なに貫くべく、自分は両手を頬に力いっぱい叩きつけるといった戦へ通う女房兵のように勇み足で走り抜け始めた。